03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の展覧会ベスト10(2016)

久々にブログ開きました。
少し、いや、かなり反省してます。。。

今年も早いもので、今日で終わりです。

仕事で、かなり多忙な一年でした。
来年早々も、忙しくなりそう~。
さて、恒例の年末ベスト10をブログに挙げます。

では、私の「今年の展覧会ベスト10」


第1位
『若冲展』(東京都美術館)

なんと言っても、前評判も良いこの展来会を一位とさせていただきました。
作品自体が大きめだったので、最前列で見なくても十分に楽しめました。
若冲の緻密な細かい筆使いに、ため息、ため息。


第2位
『ダリ展』(国立新美術館)

10年ぶりの回顧展。
ダリの代表作品も、もちろん素晴らしかったけど、初期の作品を見られて良かったです。


第3位
『ゴッホとゴーギャン展』(東京都美術館)

ゴッホとゴーギャンの関係を改めて知りました。
今回のように、「収穫」や「椅子」など、同じような題材でも作品のとらえ方が違うのに、興味をわきました。

第4位
『デトロイト美術館展』(上野の森美術館)

「印象派」「ポスト印象派」「20世紀のドイツ絵画」「20世紀のフランス絵画」の4つからなる構成。
最近見たばっかりだけど、ランクインできるほど、内容が充実してました。

こちらは、お勧めです。

第5位
『ルノワール展』(国立新美術館)

安定感のある展覧会です。
再び、お目にかかれた作品も結構ありました。


第6位
『PARIS オートクチュール展』(三菱一号館美術館)

ブロガー特別内覧会で参加してきました。
一着仕上げるのにどれほどの時間がかかっているのか、想像もつかないし、技法が細かくて、素敵な作品にうっとりでした。


第7位
『ポンピドゥー・センター傑作展』(東京都美術館)

年代別の展示で、見やすかったです。


第8位
『フェルメールとレンブラント展』(森アーツセンターギャラリー)

久々のフェルメール作品。
日本でしか見たことないけど、もう半分くらいは、見てるのかな?


第9位
『北斎の帰還』(すみだ北斎美術館)

オープン記念として、「幻の絵巻-隅田川両岸景色図巻-」が展示されてます。
素敵な色合いがこうして残っているのは、素晴らしいです。
常設展も充実してます。


第10位
『MIYAKE ISSEY展』(国立新美術館)

プリーツプリーツを始め、懐かしいデザインで楽しめました。
プリーツの制作プロレスを見れて良かったです。



来年も宜しくお願いいたします。

皆様にとって、良い年でありますように・・・


ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

第15回 東京国際キルトフェスティバル 初日参戦♪

「第15回 東京国際キルトフェスティバル」(~1/28まで 東京ドーム)に行ってきました。
去年に引き続き、初日参戦です。

IMG_1355-1_1.jpg

IMG_1269_1.jpg

今回は、嬉しい出来事がありました。

IMG_1419_1.jpg



日頃キルトレッスンでお世話になっている、最上美和子先生が、なんと「日本キルト大賞」を受賞されたのです。

もう、びっくりポンです。

なんとか、会場内でお会いできました。

2年前は、第12回キルト日本展のコンテンポラリー部門 グランプリ&文部科学大臣賞 を受賞されてます。

とても気さくな方で、色々と勉強になる事も多いです。

さて、明日1/22は、
BSプレミアム、12:00〜12:45にて、今回のキルフェスの模様が放送されます。

最上先生も取材を受けられたようなので、楽しみです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます 


2016-01-01-1.png


近くの神社に初詣に行ってきました。
今年は、晴天に恵まれ、暖かいお正月になりましたね。

去年は、お正月早々にインフルエンザになったり、体調くずしたりしてたけど、今年は、健康第一に過ごしていきたいと思っています。

そして、時間が取れる時には、チクチク&編み編み、アート巡りできれば、いいなと思ってます。


今年も、宜しくお願いいたします。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

今年の展覧会ベスト10(2015)

今年も早いもので、今日で終わりです。
この1年、ブログほとんどほったらかし状態・・・(反省(´;ω;`))

今年は、体調崩し、検査通いの一年だったような気がします。
安心してください!
検査結果は、大丈夫です。
健康一番だと改めて、痛感。


さて、恒例の年末ベスト10をブログに挙げます。

では、私の「今年の展覧会ベスト10」


第1位
『ニキ・ド・サンファル展』(国立新美術館)

ニキののびのびとした作品。
「ナナ」シリーズでは鮮やかな色彩と伸びやかな形態を用いて解放的な女をモチーフとした作品は、インパクトがあり、そして、パワーをもらえて、「よし、明日から頑張ろう」という気持ちになれました。

私の中では、文句なしの1位です。

第2位
『ベスト・オブ・ザ・ベスト』(ブリヂストン美術館)

創設者・石橋正二郎の個人収集から始まった美術館。
毎回、展覧会にくるたびに、新鮮な気持ちで見ることができるお気に入りの美術館でした。

有名どころの画家さんたちの作品を少しずつ、たくさん見られることができました。

新美術館建設のため休館になるための最後の展覧会。
思い出に浸りながらの鑑賞でした。

第3位
『ワシントン・ナショナル・ギャラリー展』(三菱一号館美術館)

ブロガー特別内覧会でお邪魔してきました。
今回は、12年ぶりの日本での展覧会だったそうです。

印象派を代表とする、マネ、モネ、ルノワール、ピサロ、ドガ、、セザンヌ、ファン・ゴッホ、ゴーギャン、スーラ等の作品が、初公開の作品もあったりと、盛りだくさん。
満足のいく展覧会でした。


第4位
『若冲と蕪村』(サントリー美術館)

伊藤若冲と与謝蕪村のなんと、同い年の二人の生誕300年記念の展覧会。
若冲は彩色鮮やかな花鳥図や動物を描いた水墨画を得意とし、蕪村は中国の文人画の技法による山水図や、簡単な筆遣いで俳句と絵が響き合う俳画を得意としてたらしいです。

こうして、お二人の作品を見比べてみると、それぞれの特徴を改めて、発見。

今後の展覧会も楽しみになります。

第5位
『円空・木喰展』(横浜そごう美術館)

円空と木喰それぞれの木彫像が全国から集結する、首都圏の美術館では初の「円空・木喰展」だそうです。
確かに、ここは、デパート内の美術館なのに、美術館のような構成になっており、行った甲斐がありました。

どちらの作品とも、同じ顔がないし、どこか、憎めない顔立ちもあり、どこか、ほっこりとした気持ちになります。
やっぱし、日本人なんだなぁ・・・

第6位
『マグリット展』(国立新美術館)

シュルレアリスムの代表とする画家。
枠にとどまらずに、独創的で魅力的な作品。
今回、珍しく図録購入、

第7位
『モネ展』(東京都美術館)

印象派を代表する画家クロード・モネの展覧会。

睡蓮や太鼓橋の形態も、1作品にとどまることなく、変化していく作品も面白かったです。

第8位
『プラド美術館展』(三菱一号館美術館)

ブロガー特別内覧会でお邪魔してきました。

高橋館長・学芸員の安井さん・Takさんのお三方のお話にぐいぐいとひきつけられ、その後の鑑賞時には、楽しく見ることが出来ました。
毎回、トークの中でポイントを教えてくださるので、改めて見直すことができ、楽しませていただいてます。

先日、BSでこの展覧会が放送された回に安井さんが解説されていていました。

第9位
『ルーヴル美術館展』(国立新美術館)

数少ないフェルメールの作品。
今回、初来日の《天文学者》を見ることができました。
毎年、1作品は、日本で見ることができてるような感じがします。
絶妙な光から、そそがれている作品を、じっくりと堪能できました。


第10位
『単位展』(21-21 DESIGNSIGHT)

日々の生活の中で、色々な単位があり、改めて知った単位とか、今では使われなくなったような単位もあり、楽しい展覧会でした。



来年も宜しくお願いいたします。

皆様にとって、良い年でありますように・・・


ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

悲しい出来事

久しぶりの更新になります。

近況報告としては、仕事が多忙すぎてました。

キルトの方は、あるコンテストに応募する予定で、途中経過もお見せすることができないので、ブログも放置してしまいました。

6月に入り、仕事も落ち着いてきてる状態で、今日は、定時に上がり、さて、チクチクする前に久々に、キルターの方のブログを拝見してたら。。。

『パッチワーク通信社倒産』の文字が・・・・

色々とググってみたら、やはりそうでした。
私が確認した記事は、こちら↓

専門誌「パッチワーク倶楽部」「パッチワーク教室」など出版
日本最大級のキルトイベント「インターナショナル・キルトウィーク」開催
株式会社パッチワーク通信社
事務所閉鎖

帝国データバンク

悲しすぎます。
私は、パッチワーク通信社さんからは、「パッチワーク通信」「パッチワーク倶楽部」を購入してました。
どちらも、ターゲットは別でも、情報源または、企画参加させてもらってました。

電子化とかが出始めてから出版業界も売上ダウンという記事も読んだことあったけど、まさか、キルト雑誌まで売上が落ち込んできてるとは・・・

今気がかりなことは、「インターナショナル・キルトウィーク」の開催はどうなるのか?
無くなってしまうんでしょうか?

結局、気力ダウンでチクチク出来ず・・・

また、再開するように祈ってます。
それまで、私も上達してなきゃね(汗


ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

第14回 東京国際キルトフェスティバル 再訪♪

昨日の土曜日にドーム再訪してきました。

実は、午前はドームと同時期に開催されている『第5回 日本コンテポラリーキルト協会展』(ヒルトピアアートスクエア)をみてきました。(1/27まで)

IMG_0732_1.jpg

こちらは2年に1度開催されています。

私の師匠でもあるキルトの先生がこちらJCQAに入られているので、見に行かせていただきました。
写真NGだったのが残念。
コンテンポラリー系なので、またドームで出展されているのとは違った感じです。

お時間ある方は是非!

お昼食べてから、ドームに到着したのが13時。
初日→雨のせいか比較的すいてた。
二日目→FB、ツイッター情報によると、激混み。

例年、土、日曜日はそんなに混まないような気が・・・
それとも、前日BSでキルトフェスの模様がテレビ放送されたせいか・・・

混んでましたね。
ショップ巡りも、人、人・・・

初日に結構買い物したのに、見過ごしたお店とかチェック。

IMG_0730_1.jpg

こちらは、YANAGIYAさん。
布の配色が気に入ってしまい、購入。

IMG_0731_1.jpg

お店の名前忘れちゃっいました。
セールみたいのをやっていて、2mで¥500というお値段。裏布にちょうどいいわ。

IMG_0729_1.jpg

こちらの商品を扱っているのは、袖山株式会社。
今回、初出店だそうです。
左側→ドイツ・インチ/センチ早見ゲージ。こうゆうのが欲しかったのよね。
真ん中→ドイツ・キルト用 1/4ゲージ。ちょうど7ミリ幅縫い代がひけます。
右側→ドイツ・イージースレッダー。

そして、混雑が落ち着いた頃、キルト作品をもう一度、鑑賞。
前日に、BSでキルトフェスの放送してたので、改めて鑑賞できて良かったです。

今日は、この2日間で購入した布たちの整理。
ケースがだんだんといっぱいになってきました。

さて、明日からまた日常生活。
頑張りましょう♪

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

第14回 東京国際キルトフェスティバル 初日参戦♪




「第14回 東京国際キルトフェスティバル」(~1/28まで 東京ドーム)に行ってきました。
去年に引き続き、初日参戦です。

IMG_0589_1.jpg

初日の今日は、あいにくの雨模様。
昼前に到着したら、すんなり入場できました。

最近は、FBやツィターとかで、事前情報入手できるので、すごく助かります。

まずは、クロバーさんに直行。
新製品のパッチワークアイロンをチェック。
そして、以前ワークショップでお世話になった先生とお会いし、FB繋がりになりました。

その後、買い物三昧。
今回は、ちょっと奮発しちゃったな・・・

IMG_0586_1.jpg

パッチワークアイロン欲しかったのよね~。
なんか、使い勝手よさそうなので、即買いしました。
これからの作業効率がはかどるといいな。


IMG_0587_1.jpg

modaさんでは、7枚お買い上げすると、マグカップがついてきます。(マグカップは3種類)

IMG_0588_1.jpg

上段は、Pooh-tanさん。下段は、コットンガーデンさん。


一度休憩取ってから、作品鑑賞。
こちらは、これからドームに行く方もいるので、写真アップは控えますね。

そして、毎度恒例となっている、パートナーシップキルトも参加してます。
今年はのテーマは、「スィーツ」 監修は、阪本あかねさん。69枚の大きなキルトになったそうです。

IMG_0583_1.jpg

IMG_0406_1.jpg

私のは、「34」番に入ってました。

右下の方にありました。


こちらが、今回のフライヤーになっているものです。

IMG_0550_1.jpg

午後3時頃になると、作品が見やすくなりますね。
この時間は、写真撮りまくってました。

明後日の土曜日に、再訪予定です。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

新年早々に・・・

今日から仕事始めですね。
私も、今日から仕事行く予定でした。

実は、元旦あたりから頭痛がひどかったのでいつもの頭痛薬飲んでも効き目なくて、その上体の節々が痛くなり2日あたりから、寝込みました。
3日も動く気力なくて、結局いつもお世話になっている内科が、4日の日曜日から受診できるというので、行ってきました。

インフルの検査したら、『インフルエンザA型』

とりあえず、水曜日まで安静とのこと。

去年クリスマス前あたりに、甥っ子がA型にかかってたけど、もしかして感染?

インフルかかったのは、初めてです。
去年、ちゃんと予防接種したのに・・・

今は、熱も下がってるけど、食欲がわかない。。。

元気ある時に、少しずつチクチクしているって感じですね。

2015-01-05-1_1.jpg

もう少し、のんびりさせてもらいます。

今年は、大人の患者数も増えているみたいなので、みなさんもお気をつけてくださいね。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

あけましておめでとうございます♪

 あけましておめでとうございます 


2015羊


この年末年始は、9連休なので、比較的のんびりと過ごしています。
今年の初詣は、ご近所の神社に行ってきました。
ちょうど、小雪が降り始めてびっくり
(夕方までにはやんでしまったけれど・・・)

年末から時間見つけては、チクチク。
今日も、お笑い番組見ながら、年初めのチクチク。(あまり進んでませんが・・・)

今年は、何かコンテストみたいのに応募できたらと思っています。


今年も、宜しくお願いいたします。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

今年の展覧会ベスト10(2014)

今年も早いもので、今日で終わりです。
すっかりブログの方もご無沙汰になってしまいました。

この一年は、以前のお仕事のに復帰し、派遣先にも恵まれ、充実した一年だったと思います。
体が疲れやすくなってきてるのは、歳のせいにしておきましょう。

さて、恒例の年末ベスト10をブログに挙げます。

では、私の「今年の展覧会ベスト10」


第1位
『チューリヒ美術館展』(国立新美術館)

今回の美術展、とにかく皆さんが知っている画家の作品が、目白押し。
色々な分野の画家の作品が、スイスの美術館にあるなんて、ビックリしました。

モネの晩年に手がけた幅6メートルに及ぶ睡蓮の大作は、近くで見るよりも、離れて見て改めて、作品の大きさに驚かされました。

最近気になる、モンドリアン、クレーの作品もあったりして、嬉しかったです。


第2位
『メイド・イン・ジャパン 南部鉄器』(パナソニック汐留ミュージアム)

昔から使われていた歴史ある南部鉄器。
こんなに色々なデザインがあるとは・・・心打たれました。

シンプルでモダンな南部鉄器。
鮮やかな色合いは、フランスやベルギーのサロンで、ティーポットして使われたそうです。
ピンクのカラーポット、可愛い色合いでした。

南部鉄器についての映像(約20分)もお勧めです。
作り方の工程や、南部鉄器の扱い方など、わかりやすいです。


第3位
『ボストン美術館ミレー展』(三菱一号館美術館)

ブロガー特別内覧会でお邪魔してきました。
高橋館長・学芸員の安井さん・Takさんのお三方のお話にぐいぐいとひきつけられ、その後の鑑賞時には、楽しく見ることが出来ました。

三大ミレーも間近でじっくりと見れて良かったです。
そして、興味を持ったのが、編み物をしている作品2点。
まだ小さい頃の画は、2本の編み針。
そして、少し大きくなった頃の画は、3本の編み針。(今でいうと、輪針かな?)
これは、手芸おたくとしては、たまらない画でした。


第4位
『デュフィ展』(ザ・ミュージアム)

明るい色彩と軽快な筆さばきで描かれた画は、見てる方までも、明るくしてくれそうでした。
中でも、1937年に開催されたパリ万博のパヴィリオン「光と電気館」内に設置された壁画「電気の精」(現在は、パリ市立近代美術館所蔵)の縮小版。
縮小版でも、その細かさに脱帽。何度も見てしまいました。

そして、テキスタイル・デザインも、モダンっぽくて、素敵でした。


第5位
『超絶技巧!明治工芸の粋』(三井記念美術館)

日本人の器用さは昔からなんだと改めて実感。
とにかく、細密しすぎて、本物と隣合せにおいてもわからないと思いました。


第6位
『イメージの力』(国立新美術館)

大阪の国立民族学博物館のコレクションから、約600点にも及ぶ収蔵品を展示されてました。

世界の諸民族が生み出した造形物や生活用具がところ狭しと展示されていて、中には物凄く大きな展示もあり、圧倒されました。
世界をぐるっと回っている感じを受けました。


第7位
『大浮世絵展』(江戸東京博物館)

「見返り美人図」を生で見れて良かった。
肉筆画は、色合いが綺麗だと改めて実感。

キャッチコピーでもある「あなたの好きな浮世絵に出会えます。」
今までも、他展覧会等で、浮世絵を見たけど、また改めて見られる喜びも大きかったです。

先日、ポストカードの整理してたら、浮世絵関連のカードが多い事が判明。
やっぱし、浮世絵好きなのかしら?


第8位
『魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展』(国立新美術館)

伝説のバレエ団のコスチュームの展示。
女子率高かったなぁ。
時代とともに、デザインも変わっていく様子がわかります。

バレエを見る機会がないけれど、こうして間近で素敵な衣装を思う存分見ることができました。


第9位
『ボストン美術館華麗なるジャポニスム展』(世田谷美術館)

今回、世界初公開の修復後のクロード・モネ《ラ・ジャポネーズ》は、まずは大きさに圧倒されました。
先日、TVでこれについての特番をやっていて、ちょっと予習してたので、じっくりと隅々まで見れて良かったです。


第10位
『オルセー美術館展』(国立新美術館)

最近は、人気の展覧会になりそうなのは、特番放送したりするので、予習できてありがたいです。
お気に入りの画家、カイユボットの作品もありました。

モネの最大級の傑作と言われる「草上の昼食」は、とにかく作品が大きくて圧巻。

そして、ちょっと印象的だったのが、マネの「夫人と団扇」
なんか、どこで同じような背景見たなって思ったら、『ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展』で見た、モネの「ラ・ジャポネーズ」
そう、背景に団扇を使っていたのです。
なんか、日本の浮世絵を参考にされていたのですね。
大満足な展覧会でした。


来年も宜しくお願いいたします。

皆様にとって、良い年でありますように・・・


ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
21727位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
手芸・ハンドクラフト
5630位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

検索フォーム

プロフィール

★朱奈★

Author:★朱奈★
美術館巡り・手芸と日々の出来事

キルトレッスン受講中。
作品作りは、時間ある時にチクチク。

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。