08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の展覧会ベスト10(2014)

今年も早いもので、今日で終わりです。
すっかりブログの方もご無沙汰になってしまいました。

この一年は、以前のお仕事のに復帰し、派遣先にも恵まれ、充実した一年だったと思います。
体が疲れやすくなってきてるのは、歳のせいにしておきましょう。

さて、恒例の年末ベスト10をブログに挙げます。

では、私の「今年の展覧会ベスト10」


第1位
『チューリヒ美術館展』(国立新美術館)

今回の美術展、とにかく皆さんが知っている画家の作品が、目白押し。
色々な分野の画家の作品が、スイスの美術館にあるなんて、ビックリしました。

モネの晩年に手がけた幅6メートルに及ぶ睡蓮の大作は、近くで見るよりも、離れて見て改めて、作品の大きさに驚かされました。

最近気になる、モンドリアン、クレーの作品もあったりして、嬉しかったです。


第2位
『メイド・イン・ジャパン 南部鉄器』(パナソニック汐留ミュージアム)

昔から使われていた歴史ある南部鉄器。
こんなに色々なデザインがあるとは・・・心打たれました。

シンプルでモダンな南部鉄器。
鮮やかな色合いは、フランスやベルギーのサロンで、ティーポットして使われたそうです。
ピンクのカラーポット、可愛い色合いでした。

南部鉄器についての映像(約20分)もお勧めです。
作り方の工程や、南部鉄器の扱い方など、わかりやすいです。


第3位
『ボストン美術館ミレー展』(三菱一号館美術館)

ブロガー特別内覧会でお邪魔してきました。
高橋館長・学芸員の安井さん・Takさんのお三方のお話にぐいぐいとひきつけられ、その後の鑑賞時には、楽しく見ることが出来ました。

三大ミレーも間近でじっくりと見れて良かったです。
そして、興味を持ったのが、編み物をしている作品2点。
まだ小さい頃の画は、2本の編み針。
そして、少し大きくなった頃の画は、3本の編み針。(今でいうと、輪針かな?)
これは、手芸おたくとしては、たまらない画でした。


第4位
『デュフィ展』(ザ・ミュージアム)

明るい色彩と軽快な筆さばきで描かれた画は、見てる方までも、明るくしてくれそうでした。
中でも、1937年に開催されたパリ万博のパヴィリオン「光と電気館」内に設置された壁画「電気の精」(現在は、パリ市立近代美術館所蔵)の縮小版。
縮小版でも、その細かさに脱帽。何度も見てしまいました。

そして、テキスタイル・デザインも、モダンっぽくて、素敵でした。


第5位
『超絶技巧!明治工芸の粋』(三井記念美術館)

日本人の器用さは昔からなんだと改めて実感。
とにかく、細密しすぎて、本物と隣合せにおいてもわからないと思いました。


第6位
『イメージの力』(国立新美術館)

大阪の国立民族学博物館のコレクションから、約600点にも及ぶ収蔵品を展示されてました。

世界の諸民族が生み出した造形物や生活用具がところ狭しと展示されていて、中には物凄く大きな展示もあり、圧倒されました。
世界をぐるっと回っている感じを受けました。


第7位
『大浮世絵展』(江戸東京博物館)

「見返り美人図」を生で見れて良かった。
肉筆画は、色合いが綺麗だと改めて実感。

キャッチコピーでもある「あなたの好きな浮世絵に出会えます。」
今までも、他展覧会等で、浮世絵を見たけど、また改めて見られる喜びも大きかったです。

先日、ポストカードの整理してたら、浮世絵関連のカードが多い事が判明。
やっぱし、浮世絵好きなのかしら?


第8位
『魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展』(国立新美術館)

伝説のバレエ団のコスチュームの展示。
女子率高かったなぁ。
時代とともに、デザインも変わっていく様子がわかります。

バレエを見る機会がないけれど、こうして間近で素敵な衣装を思う存分見ることができました。


第9位
『ボストン美術館華麗なるジャポニスム展』(世田谷美術館)

今回、世界初公開の修復後のクロード・モネ《ラ・ジャポネーズ》は、まずは大きさに圧倒されました。
先日、TVでこれについての特番をやっていて、ちょっと予習してたので、じっくりと隅々まで見れて良かったです。


第10位
『オルセー美術館展』(国立新美術館)

最近は、人気の展覧会になりそうなのは、特番放送したりするので、予習できてありがたいです。
お気に入りの画家、カイユボットの作品もありました。

モネの最大級の傑作と言われる「草上の昼食」は、とにかく作品が大きくて圧巻。

そして、ちょっと印象的だったのが、マネの「夫人と団扇」
なんか、どこで同じような背景見たなって思ったら、『ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展』で見た、モネの「ラ・ジャポネーズ」
そう、背景に団扇を使っていたのです。
なんか、日本の浮世絵を参考にされていたのですね。
大満足な展覧会でした。


来年も宜しくお願いいたします。

皆様にとって、良い年でありますように・・・


ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

謹賀新年

明けましておめでとうございます。暮れには「ベストテン」のトラックバックを頂戴し、ありがとうございました。佳い一年となりますように祈念いたします。2015-1-1 とら拝

No title

とらさんv-354

あけましておめでとうございます。
あまり多くの展覧会に足を運ぶことが出来できませんが、またどこかの美術館でお会いできたら、嬉しいです。

良い一年になりますように♪
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2014年 私が観た展覧会 ベスト10

年末恒例、独断と偏見による私的ベスト企画です。今年私が観た展覧会のベスト10をあげてみました。 2014年 私が観た展覧会 ベスト10 1.「ジャン・フォートリエ展」 東京ステーションギャラリー 前々から惹かれていたフォートリエの回顧展にようやく接することが出...

2014年の「美術散歩ベストテン by とら」

 「師走」も X'mas が過ぎると、あちこちで その年の "TOP10" が話題となる「年の瀬」である。  2004年に始めた「美術散歩ベストテン by とら」も今回で11年目となった。ベスト10 X 11年=ベスト110の展覧会を選んでしまったことになる(参照)。  今年も比較的健康に恵まれ、ベストテンを選ぶのに十分な数の美術散歩をこなすことができた。  沢山見た展覧会...

2014年 展覧会ベスト10

午年もあと残すところ2日となりました。 「青い日記帳」を書き始めて、今年で10年を迎えることが出来た一年であると共に、様々なことにチャレンジした一年でもありました。応援して下さる皆さまあってのこととあらためて感謝申し上げます。 さて、昨年同様公私ともに何かと身の回りが慌ただしく、中々思うように展覧会に足を運ぶことの出来ない一年ではありましたが、やはり展覧会総括として「2014年 ...

2014年の展覧会、今年の10本

毎年恒例、今年見た展覧会から10本選びました。 ちなみに、去年までの10本エント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
14801位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
手芸・ハンドクラフト
3595位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

検索フォーム

プロフィール

★朱奈★

Author:★朱奈★
美術館巡り・手芸と日々の出来事

キルトレッスン受講中。
作品作りは、時間ある時にチクチク。

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。